公開予約機能

まとめてみますと、コンテンツマネジメントシステムに不可欠な機能は、「文章や画像を簡単に自由に入力できる」、「入力フォームを用い、決まったデザインのページ作成が容易にできる、更新履歴を保存することができ、過去のページの再公開ができる」、「タイマー予約で公開更新日時を指定できる」、「複数の担当者で管理ができる」ことなどですが、コンテンツマネジメントシステムには、ユーザーの立場に立った便利な機能が満載されていると言えるでしょう。

パソコン例えば、「公開予約機能」です。
これは、作成、更新、またすでに削除したページを指定の日時に正確に公開する機能です。
「公開予約機能」が開発されるまでは、公開予定時刻にページを公開するためにパソコンの前に座らねばならず、他の仕事で忙しい際に非常に不便であったり、Webサイト制作会社に時間を指定して公開を依頼していたため、余計なコストがかかっていたりしたと思うのですが、「公開予約機能」によりこれらの問題は一挙に解決されたのです。

「公開予約機能」は企業活動において活躍する場面が数多くあります。例えば決算情報などの重要ニュースの公開時間を厳密に指定したい場合、キャンペーンの開始日、開始予定時刻にページを公開したい場合などに便利です。

ぜひ、機能満載のコンテンツマネジメントシステムを活用し、効果的なWebマーケティングを行ってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コンテンツマネジメントシステムの機能

コンテンツマネジメントシステムにはさまざまな機能が搭載されています。代表的な機能を見てみましょう。

コンテンツまず、サイトを一覧管理可能な「階層管理機能」です。
階層は無制限作成可能となります。
ページ作成機能」は、ワード操作感覚で簡単にページを作成できる機能です。
バナー登録機能」は閲覧者にアピールしたいコンテンツのバナーを登録することができます。
公開予約機能」は、新しく作成したページを、設定日時に公開することができるという機能です。
一般に非表示にしたいページがある場合に便利なのが、ページの公開、非公開を簡単に選択できる「公開・非公開機能」です。作成中ページを一時的に保存できるのが「一時保存機能」、誰がいつどのページを更新したのかを管理できるのが「履歴機能」です。
復元機能」は、履歴の一覧から希望するページを復元することが可能です。新着情報を表示することができる「新着情報登録機能」も便利な機能。もちろんNewマークをつけたりもできます。
ページ別アクセス数を分析することができる重要な機能が「アクセス解析機能」、ページの追加や削除をする際に、自動的に関連するリンクが変更される「リンク自動変更機能」も助かるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コンテンツマネジメントシステムのメリット

Webによるマーケティングが主流となっている現代、ほとんどといってよいほどの企業がWebサイトを利用してマーケティングを行っていると思います。

以前ならばWebサイトを活用しようと思えば、HTML言語やCSSによるデザインなど専門的な知識を学ぶ必要があり、簡単ではありませんでした。そこにコンテンツマネジメントシステムが登場し、それでWebサイトを作成したりタイムリーに更新したりが比較的簡単かつスピーディに行えるようになり、本来注力すべきマーケティング企画などに時間が使えるようになったのです。

このメリットは大きく、現在では多くの企業でコンテンツマネジメントシステムの導入が進められており、Webサイトがコンテンツマネジメントシステムで作成されています。

お金以前はコンテンツマネジメントシステムは大企業向けの数百万円もする高額なものが多かったのですが、最近では低価格であったり、無料で利用できるシステムまで登場してきていたりします
そのため、コンテンツマネジメントシステムは企業の規模の大小を問わず急速に普及しつつあるのです。

コンテンツマネジメントシステムは今や効率的にWebマーケティングを行うための必須アイテムであるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コンテンツマネジメントシステムを利用

パソコンコンテンツマネジメントシステム(CMSと呼ばれることもある)は、HTML(Hyper Text Markup Languageの頭文字。ホームページを作るためにはHTMLを知る必要があるとされる)や、CSS(Cascating Style Sheetsの頭文字。HTMLがWebページの文書の構造を形成する言語であるのに対し、CSS言語は文書をデザインし、見栄えを高める役割を持つ。)などの専門知識を持たなくとも、簡単にWebサイトを作ることのできるシステムのことです。

コンテンツマネジメントシステムの管理画面に入り、画像や文章を登録することで、HTMLやCSSの知識がなくても、Webサイトが作れるのです。個人がブログを開設するためのブログシステムなどのツールもコンテンツマネジメントシステムなのです。このコンテンツマネジメントシステムは2005年頃に急速に普及しましたが、それは個人ブログが急増した時期と一致します。

コンテンツマネジメントシステムと一言で言いましても、汎用的なタイプから、ある目的に特化した専門的なタイプまで数多くの種類があります。Webサイトの中の特定のページを期間限定公開にしたり、多様な機能を搭載したコンテンツマネジメントシステムもあったりします。ブログ専用のコンテンツマネジメントシステムならば、ブログ運営に便利な機能であるページ自動再生機能や、トラックバック機能などが搭載されています。このサイトでは、コンテンツマネジメントシステムに搭載されている機能について解説させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・