コンテンツマネジメントシステムを利用


パソコンコンテンツマネジメントシステム(CMSと呼ばれることもある)は、HTML(Hyper Text Markup Languageの頭文字。ホームページを作るためにはHTMLを知る必要があるとされる)や、CSS(Cascating Style Sheetsの頭文字。HTMLがWebページの文書の構造を形成する言語であるのに対し、CSS言語は文書をデザインし、見栄えを高める役割を持つ。)などの専門知識を持たなくとも、簡単にWebサイトを作ることのできるシステムのことです。

コンテンツマネジメントシステムの管理画面に入り、画像や文章を登録することで、HTMLやCSSの知識がなくても、Webサイトが作れるのです。個人がブログを開設するためのブログシステムなどのツールもコンテンツマネジメントシステムなのです。このコンテンツマネジメントシステムは2005年頃に急速に普及しましたが、それは個人ブログが急増した時期と一致します。

コンテンツマネジメントシステムと一言で言いましても、汎用的なタイプから、ある目的に特化した専門的なタイプまで数多くの種類があります。Webサイトの中の特定のページを期間限定公開にしたり、多様な機能を搭載したコンテンツマネジメントシステムもあったりします。ブログ専用のコンテンツマネジメントシステムならば、ブログ運営に便利な機能であるページ自動再生機能や、トラックバック機能などが搭載されています。このサイトでは、コンテンツマネジメントシステムに搭載されている機能について解説させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・